未分類

契約しない旨の意思 表示に対しては潔く諦めてさらなる勧誘はしないこともルール

投稿日:

割賦販売法と特商法が一部改正されて事で、新しいルールを守り営業活動をしていく必要があります。改正にあたり原則的には、全ての商品及び役務が規制対象です。
電話勧誘販売に通信販売、訪問販売も含めて、全て原則的に役務や商品は規制の対象に、その上でクーリング・オフ制度などにはなじまない役務や商品は、規制対象から除外されます。

規制対象外となる役務や商品に関して例えば、サプリメントなどの健康食品に、基礎化粧品やメイクアップコスメ等の化粧品類、消耗品を使用したケース、現金取引を行う際に金額が3,000円しない役務や商品もそうです。

自家用車等契約を結ぶまでに一定時間必要な役務や商品も、数日という短期間で商品価値がすぐに低下をしやすい生鮮食品類、消費者にとってすぐ必要になりできなければ不利益になり得る役務、例えば葬儀なども規制対象外です。
契約をする事で役務がすぐ提供をされるような、飲食店なども含まれます。

通信販売や電話勧誘販売に訪問販売の特商法における今までの規定では、政令により決められた指定権利に指定役務や指定商品が規制の対象となっていました。
役務や商品は多様化することで、消費者への提供する仕方もシンプルから複雑な形へと変化を遂げてしまいます。すると目を付けるのが悪質な一部の業者であり、規制対象より外れた商品に目を付けることになったのです。

悪いことを考える業者は消費者へのリスペクトには乏しく、新しいこれまでなかったような消費者被害をもたらすような事案が発生する事態が招かれました。未然に消費者被害は防ぐ必要性が出てきたことから、被害を想定して悪い点を改めて正しくする処置のあるもの以外、どの役務も商品も規制の対象です。割賦販売法でも改定に関しては、基本的には一緒と考えて構いません。

販売訪問をするにあたり事業者側は、勧誘行為を行う際に消費者より、勧誘を受けることに対して了承を得る必要があります。
相手に何の勧誘行為であるのか、これから勧誘をしようとしている旨を伝えること、承諾を得てセールストークを始めても、炒らないと断られたら、それ以上の強引な勧誘はできません。

一度でも要らないとお断りの意思表示をされたら、その後はさらなる勧誘をすることはできず、しつこく勧誘をすると今度はそれが法律違反となるため要注意です。
被害が起きやすいのは判断能力の低い高齢者など、また勧誘が長時間にわたり仕方なくといったケースもあります。こうした被害を出さぬためにも、勧誘の事前に勧誘の了承を得て、さらに契約をしないと意思表示されたら潔く諦めることです。

-未分類

Copyright© 適職スマホビジネス・稼げる副業・詐欺・口コミ調査ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.